大連—仁川線の航路は2月20日から正式に再就航 ">
現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ >
02.20 09:13

大連—仁川線の航路は2月20日から正式に再就航

咪乐|app下载|直播|ios 电力、热力、燃气及水的生产和供应业,以及交通运输、仓储和邮政业转为弱势板块、整体增速放缓,但将产生新的结构性机会。

テキストサイズ

2月19日、大連市役所口岸によると、2月20日から大連—仁川線の航路が正式に再就航する。

新型コロナウイルス肺炎の影響で大連—仁川線の航路は欠航状態が続いています。「飛龍号」の再就航を推進するため、市役所口岸は「サービス、保障、協調」の理念を継承し、大仁航路「飛龍号」の再就航申請に基づいて、港岸査検単位に再就航通知を出し、関連部門を組織して全面的に通関保障の準備をしている。

新型コロナウイルス肺炎の感染リスクを下げるため、予防措置を厳格にした上で、大仁会社は旅客輸送業務を停止し、全力で防制御物資の輸送を保障することを決定した。

大仁弁主任の丛さんは「新型コロナウイルス肺炎の予防制御の特殊な時期に、市場の必要に応じて次第に航路の運営を回復し、旅客輸送を停止するのは新型コロナウイルス肺炎の予防管理の仕事をするためであり、国家の新型コロナウイルス肺炎の予防制御に混乱を与えないためであます。貨物輸送を堅持し、再就航後に予防制御物資を運んできて、新型コロナウイルス肺炎の予防制御のために保障をしっかりしています。」と話した。



(天健ネット日本語版)


    関連情報
    百度